トゥービーホワイト

歯の健康は40歳ぐらいから下降

2013年04月20日

トゥービーホワイトで白い歯を保つのは
笑顔やさわやかな口元を印象付け、清潔感を醸し出すのに
とても役立ちます。

でも白い歯ばかりに気を取られ、
歯や歯茎の健康をおろそかにするわけにはいきません。

トゥービーホワイトエッセンスでホワイトニングし、
デンタルペーストでの毎日の口腔ケアもとても大事です。

虫歯というと
親が子供の虫歯を気を付けてチェックし、
歯医者によく連れていきますが、

大人になってあまり歯医者に行かなくなった
という人も多いのでは?

30代、40代の方は要注意!

25歳はお肌の曲がり角ですが、30歳は歯の曲がり角なんです。

子供のころは検診があるのでしょっちゅう歯医者に連れて行かれ、
中高年になると歯周病や老化などが原因で歯が次々になくなり、
これまた部分入れ歯や総入れ歯など、
歯医者さんにお世話になることも多くなります。

一方、30代や40代は一番歯医者に行かない時期ですが、
この時期は実は
虫歯、歯周病がいっきに悪化する時期でもあるのです。

今は歯科医療技術も格段によくなり、
治療を早期にはじめれば、歯の健康を保てます。

歯は悪くなってからでは後悔のみです。

若い時からもうちょっとちゃんと手入れをしておけばよかった、
と嘆いても後の祭り。

毎日の歯磨きと口腔チェックはこまめにしましょう。
歯ブラシによるブラッシングだけでなく、歯の隙間も
デンタルフロスや歯間ブラシでしっかり汚れを取りましょう。

郷ひろみさんは毎食後15分かけて口腔ケアをしているのを
テレビでやっていました。

さすが芸能人は歯が命です。(古いか・・。)

口腔ケアに時間をかけている人も結構多いようです。
20分~30分ぐらいかけて
歯磨きからデンタルフロス、うがい、舌のケアなどを行います。

歯医者さんでは1日に1回はデンタルフロスか歯間ブラシで、
歯と歯の間の汚れを取るようにすすめられます。

歯と歯の隙間が大きい人は歯間ブラシを、
歯間ブラシが入らない人はデンタルフロスを使いましょう。

健康な白い歯にはトゥービーホワイトを!
   ↓
奇跡のホワイトニングトゥービーホワイトシリーズ

⇒効果・口コミをチェックしてみよう

トゥービーホワイト

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

最近の投稿

 
電気自動車の充電